http://kotopa.jp/

テトリス

「テトリス」とは、落ち物パズルの元祖であり、1980年代末から1990年代初めにかけて世界各国で大流行したコンピューターゲームになります。
その名前の由来は、Tetromino(テトロミノ) とTennis(テニス)を掛け合わせTetris(「テトリス」)という造語ができ、テニスという単語の語感によって、いかにもゲームというものを連想させたようです。
「テトリス」は、元々は教育用ソフトウェアとして、ソビエト連邦の科学者アレクセイ・パジトノフなどの3人が開発した作品で、プレイができるものというのは1984年6月に開発されました。
日本では、セガ・エンタープライゼス(現・セガ)が1988年にアーケード版(セガ・システム16版)を発売し、その人気によって「テトリス」が浸透したのです。
操作法が確立されていなかった当時は、このシステム16版が登場したことによって、それ以降、日本国内では事実上、この作品のものがの標準となり、その影響力によって「セガ「テトリス」」と呼ばれるようになります。
そして、1989年、ゲームボーイ版が任天堂から発売、いつでもどこでも好きに遊べ、対戦プレイもできるといった点から大人気となり、ゲームボーイ最初期の作品ながらゲームボーイソフト単体での史上売上1位を記録し、国内出荷本数は約424万本にまで達しました。

ルール

「テトリス」のルールは、「箱詰めパズル」と言われる様々な形のピースを型にはめていくパズルから着想を得ました。
また、パジトノフが水族館でヒラメが舞い降り海底と同化したり、そのヒラメが砂の上を泳ぐ時に他のヒラメと重ならずに泳いだりする様子を見て、「テトロミノが上から落ちて重なっていく」というルールが考案されたのです。
箱詰めパズルの中で、テトロミノを用いた種類に、アクション性や時間推移による落下要素などのリアルタイム性と列を揃えることによって、ブロックが消えて下へ詰まるというゲーム性を加えたものが「テトリス」なのです。

おすすめ情報